Re:ゼロから始める異世界生活

「リゼロ」第一章9話のネタバレ、感想・考察【盗品蔵での攻防、パックの活躍・スバルの成長】

「リゼロ(漫画)」9話のネタバレ、感想・考察【盗品蔵での攻防、パックの活躍・スバルの成長】

第8話では、エルザとの遭遇を回避するために、フェルトのねぐらで徽章の回収を図ったスバルでしたが、徽章の価値を確かめるために、結局盗品蔵にいるロム爺の元を尋ねることになりました。

交渉の反応は良かったものの、エルザがさらに上乗せする可能性もあることから、すぐに交渉成立ということにはなりません。

盗品蔵の扉ノックされ、スバルはエルザかと思いますが、現れたのはサテラでした。

しかし、そのすぐ後ろにエルザが現れ、サテラに刃を振りおろそうとしています。間一髪でパックが魔法で攻撃を防ぎ、スバルが時間を稼ぐ間に、パックの攻撃魔法の準備が完了してエルザに向けて放たれました。

第9話では、盗品蔵でのエルザとの攻防から物語が始まります。圧倒的な攻撃力を持つエルザに対して、スバルやサテラ、パック、フェルト、ロム爺は全員でこの危難を乗り越えられるのでしょうか?

本記事では、第9話のネタバレ、感想・考察をご紹介していきます。ネタバレを含みますのでご注意ください。

第8話のストーリーが気になる方は、下記の記事をチェックしてください。

「リゼロ(漫画)」8話のネタバレ、感想・考察【サテラとの再会、エルザを回避できるか!?】
「リゼロ」第一章8話のネタバレ、感想・考察【サテラとの再会、エルザを回避できるか!?】第7話では、死に戻りのループを自覚したスバルが、サテラとの再会を目指して奔走します。 4度目のループにて、チンピラ三人組の対処に際...

リゼロ(漫画)第9話「盗品蔵の攻防」のネタバレ解説

サテラ・パックの精霊術師としての戦い

無数に浮かび上がった鋭い氷の塊が一斉にエルザに向けて放たれ、一同はエルザを倒したことを期待します。

しかし、土埃の中からエルザの声がして、何か重たいものを地面に置く音が描写されます。

全く傷がないエルザが現れ、驚くスバルとロム爺。エルザは、自分の外套は一度だけ魔法を防ぐことのできる特殊なものなのだと丁寧に説明してくれました。

エルザは気を持ち直して攻撃を再会しますが、サテラとパックは冷静に対応していきます。

精霊術師である彼女は、サテラが守りを、パックが攻撃を担うことによって、常に隙のない2対1の状況を作り出すことができ、戦いを有利に進められます。

隙のない二人の連続攻撃によって、顔面に切り傷ができるエルザ。

サテラの優勢で戦いは進んでいきますが、ロム爺はいつまでパックが出現できるかが鍵だと言いました。

パックがマナ切れで退場!?

エルザが素早い動きで一瞬にして目の前からいなくなり、サテラの背後の頭上から一太刀を浴びせようとします。

その動きをしっかり目で追えていたサテラは、魔法の障壁のようなものでエルザの攻撃を防ぎますが、エルザの攻撃を受けた障壁はヒビが入ってしまいました。

攻撃の後の隙をついてパックが強力な魔法を放ちますが、エルザは素早い動きでこれを回避し、パックは冷静にその戦闘技術をほめます。

戦いは膠着する気配がありましたが、パックの機転により、エルザの足元が氷魔法で固定され、エルザは身動きを封じられました。

そこに、パックの巨大な火の魔法が放たれ、その威力に驚いたような真剣な表情を見せるエルザ。

盗品蔵にも巨大な壁が空き、その威力に一同は驚愕していました。

しかし、エルザは自分の足の裏の皮を自分で剥ぎ、直前で攻撃を回避していました。血が滴り落ちていますが、近くにある氷に足の裏を押し付けて止血をします。

ここでパックはマナ切れとなり、ピンチの時はオドを使ってでも呼ぶようにと言い残して、結晶石に戻っていきました。

ロム爺、フェルトの参戦

サテラとエルザの1対1になり、状況はエルザに優勢になっていきます。

隙を見て、ロム爺とフェルトがこの戦いに割って入ってきました。

ロム爺の棍棒の渾身の一振りは、簡単にエルザに回避されて反撃をされそうになります。

反撃の瞬間に、エルザ動けないようにフェルトが邪魔をし、時間が稼げた間にサテラが魔法の準備を整えてエルザに向けて放ちました。

エルザは回避しつつ、ロム爺の顔面を蹴り上げて気絶させました。

次にフェルトに狙いを定めて一気に襲いかかりますが、フェルトはあまりの気配に動くことができません。

2回目のループでロム爺、フェルトを見殺しにしてしまったスバルは、その時の行いを反省しており、恐怖で動かない体を絶叫で起こしながら、フェルトを守るために飛び込んでいきました。

意外な目をしているフェルト、エルザ。そのすきにサテラの魔法がエルザを襲いますが、またしても寸前で回避されてしまいます。

スバルは、自分がエルザから隙を作るので、その間に全力で逃げろとフェルトに言います。

一度は突っぱねたフェルトでしたが、貧民街から抜け出すチャンスを掴むんだろ?と頭を撫でられながらスバルに言われ、逃げることを決心ました。

ロム爺の棍棒を拾ってエルザに向かって振り落とし、エルザがフェルトに攻撃を入れるために千本のような飛び道具を構えると、地面の氷をエルザに向けってケリつけて邪魔しました。

風の加護を受けたフェルトは一気に盗品蔵の外へ脱出し、エルザは少し苛立ち、スバルを睨みつけます。

リゼロ(漫画)第9話「盗品蔵の攻防」の感想・考察

第9話では、エルザとの盗品蔵での攻防が描かれました。

精霊術師である彼女は、パックとの攻防一体の戦いをすることができ、相当に戦闘力も高いことが分かりました。

パックが結晶石に戻った後も、サテラは何とかエルザとも戦うことができていて、少なくとも現時点では最高戦力であることが分かります。

しかし、現状は劣勢であるため、スバルが起死回生の動きをするのか、それともサテラが「オド」を使ってパックを再度呼び出すのか、次のストーリーが気になりますね。

ここからは、第9話の気になるポイントについて考察をしていきます。

一度だけ魔法効果をキャンセルするって凄い効果

パックの圧倒的な氷魔法をエルザが回避できたのは、外套の一度だけ魔法の攻撃をキャンセルするという効果でした。

服装自体が重いものらしいので、着る人を選ぶ可能性もありますが、冷静に考えればすごい防御の効果です。

なかなかレアな防御アイテムなのではないでしょうか。

今後のループでエルザがまだ出てくることがあれば、この外套には注意しておきたいですね。

サテラの防御力も相当に高い

サテラはエルザと長時間対峙しますが、ロム爺やフェルト、スバルがあっさり破れたエルザの攻撃に対し、しっかり反応して防御することができています。

精霊によってエルザの動きを教えてもらえるのか、サテラ自身が戦い慣れをしているのかは不明ですが、少なくとも防御力は相当に高いものがあると考えられます。

飛び込んでフェルトを守ったスバルは2度目のループの時と逆

エルザがフェルトを襲おうとした時、スバルはフェルトに飛び込んで助けます。

これは、2回目のループの時と逆のシチュエーションでした。

2回目のループは、エルザの刃に対して、フェルトがスバルに飛び込んで助けます。

ループを繰り返すことによって、スバルの成長が描かれた一面ですね。

エルザの飛び道具

エルザの主な攻撃道具は青龍刀のような刃です。

しかし、フェルトが盗品蔵を脱出しようと駆け出した時には、千本という鍼治療で使うようなものを手に持っています。

つまり、近距離だけでなく、ある程度のミドルレンジであればエルザの攻撃範囲内に入ってしまうことになります。

まだエルザが致命傷を与えたのは刀での攻撃のみですが、この武器での攻撃も警戒が必要そうです。

ストーリーの続きはこちら

「リゼロ(漫画)」10話のネタバレ、感想・考察【明らかになる事実、剣聖の威力】
「リゼロ」第一章10話のネタバレ、感想・考察【明らかになる事実、剣聖の威力】第9話では、盗品蔵での攻防がついに開始されました。 最初はサテラ・パックのコンビが優勢でしたが、パックがマナ切れで結晶石に戻ってか...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。